金髪通信

バイオハザード5の始祖ウイルスステージを狙って送信するぜ!

更新日:

ENA 644 ニューヨークサウンド

BGM ニューヨークバウド

SONG 木戸やすひろ

えぇ〜‼アメリカで歌手デビュー〜⁉

はい…仲宗根大兄皇子の母親は、沖縄民謡の家元で、その他を受け継ぐ仲宗根大兄皇子は、歌が抜群に上手かったんです。

そこで仲宗根大兄皇子は、N.Y.C.という歌を出します。

N.Y.C.…⁉

はい…この曲は、あるアメリカの田舎町に住む青年が、ニューヨークに憧れを抱いく曲なんですが、ユニークな歌詞と独特のダンスが、ダサかっこいいと話題になり、MeTubeの動画再生回数が200万回を超え、ビルヴォードのシングルチャートで、15週連続で1位を記録しました。

これはアメリカの歌姫、マラリヤ・キャリーのOne Summer dayに次ぐ、全米2位の記録となりました。

そんなにヒットしたのか…⁉

はい…そして仲宗根大兄皇子は、日本に凱旋帰国して、このN.Y.C.の日本語ヴァージョンを出すと、これまた大ヒットを記録。

あの国民的ヒット曲、およげ!たこやきくんに迫る、489万枚を売り上げました。

しかし当然、ケンジロウさんが黙ってるハズがありません。

た、確かに。

仲宗根大兄皇子さんは、日本でのヒットを記念して、五大ドームツアーを敢行しました。

そこでケンジロウさんは、ツアー最終日の東京ドーム公演で、仲宗根大兄皇子に決闘を申し込もうとしました。

そしてツアー最終日の東京ドームで、ケンジロウさんはステージに乱入。

スタッフは慌てて止めに入りましたが、仲宗根大兄皇子は自らこれを制して、ライブ中にも関わらず、ケンジロウさんとの決闘を快諾しました。

なんて無謀な。

なぜ快諾したかというと、実は仲宗根大兄皇子は…。

えぇ〜‼マ、マジでぇ〜⁉

TO BE CONTINUED…

次回予告

ケンジロウからの決闘を快諾した、仲宗根大兄皇子…実はこの自信の裏には秘密が…!?

次回 空手の使い手

ご期待下さい。

-金髪通信

Copyright© 金髪ハイエナのパチンコ・パチスロ日記(仮) , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.