金髪通信

ハイエナ頂上決戦!猪樹を秒殺したベイザーの実力は本物なのか…!?

投稿日:

ENA 1079 実力ありあり

BGM 実力あいあい

SONG 九頭竜もも子

えぇ〜‼️IWGBヘビー級だけじゃなくて、タッグ王座にも輝いたぁ〜⁉️

あぁ…しかも当時、ニュージャパンプロレスが提携していたWGWにも参戦し、世界ヘビー級王座を獲得している。

ビートたかしが連れてきたレスラーだから、単なる見世物かと思ったら、とんでもなく強いじゃないか❗️

その通りだ。

その後もTWSインターナショナルに移籍すると、高山延彦を破って、インターナショナル世界ヘビー級王座も獲得。

さらにオールジャパンプロレスのリングに上がると、トリプルクラウンヘビー級王座を獲得し、2年後にはワールドタッグ王座も獲得している。

す、すげぇ…。

それだけじゃない…。

え…⁉️

オールジャパンプロレス分裂後の、プロレスリング・モアに移籍すると、GHQタッグ王座にも君臨している。

つまりベイダーは、アメリカの団体を含めると、5つの団体でベルトを巻いたコトになる。

GHQのシングルのベルトを獲得していれば、メジャー完全制覇だったが、このベルトだけは獲るコトが出来なかった。

メジャー完全制覇…⁉️

つまり…ニュージャパンプロレスリング、オールジャパンプロレスリング、プロレスリング・モア、この3団体のヘビー級のベルトを獲ると、メジャー完全制覇の称号が与えられる。

惜しい…惜しいけど、さすがにそれはムリだろう。

ところが一人だけ達成した選手がいる。

マジで…⁉️

その選手とは…。

えぇ〜‼️あ、あの選手がぁ〜⁉️

TO BE CONTINUED…

次回予告

ベイザーさえもなし得なかった、メジャー完全制覇を成し遂げたレスラーとは…!?

次回 快挙の☆帝王

ご期待下さい。

-金髪通信

Copyright© 金髪ハイエナのパチンコ・パチスロ日記(仮) , 2019 All Rights Reserved.