金髪通信

ハイエナ頂上決戦!ついに始まった猪樹組vs腸野組だが勝ったのは?

投稿日:

ENA 1093 無力の勝利

BGM 無欲の勝利

SONG 成田圭

えぇ〜‼️試合は猪樹・坂田組が勝ったってぇ〜⁉️

あぁ…そうだ。

つまり腸野・本橋組は下克上を果たせなかったワケか…。

そういうコトになるな。

ところが、だ…結果は猪樹・坂田組の勝利だったが、試合内容は明らかに腸野・本橋組が押していたよ。

そ、そうなの…⁉️

最終的には猪樹が延髄切りで、腸野からピンフォールを奪ったが、ペースは完全に腸野・本橋組が上回っており、特に猪樹が本橋の蹴りを食らって、何も出来ずに坂田に代わったシーンは有名だ。

しかしながら、実はこの試合の勝敗や試合内容を、ほとんどの人が覚えていないのが実状だ。

え、なんで…⁉️

まぁ、その前に行われた、ベイザーvsパンセンの、試合のインパクトが強かったのもあるが、何より猪樹のビンタ事件や、本橋の「時は来た!」発言もあったからな…。

そして何よりも、北岡光司のデビュー戦もあったからな。

北岡光司って…あの元横綱の北岡…⁉️

あぁ…そうだ。

20代にして横綱に上り詰めるも、親方とケンカして、部屋を飛び出してそのまま廃業…スポーツ冒険家という、ワケの分からない肩書きを引っさげて、まさかのプロレスデビューを果たした。

しかもデビュー戦にして江戸ドームでの試合、さらにゴールデンタイムで生中継された。

まさに特別待遇だった。

それだけじゃない…対戦相手も破格だった。

そ、そうなの…⁉️

あぁ…その北岡の対戦相手とは…。

えぇ〜‼️そ、そんな人とぉ〜⁉️

TO BE CONTINUED…

次回予告

破格の扱いでプロレスデビューとなった、元横綱の北岡…果たしてその対戦相手とは…!?

次回 刺青レスラー

ご期待下さい。

-金髪通信

Copyright© 金髪ハイエナのパチンコ・パチスロ日記(仮) , 2019 All Rights Reserved.