金髪通信

ハイエナ頂上決戦!国民的アイドルグループSMACだが人気の裏で?

投稿日:

ENA 1103 基本解散計画

BGM 日本改造計画

SONG ラッパ我リヤ

えぇ〜‼️計画的にSMACを解散に持ち込んだぁ〜❗️

あぁ…そうだ。

そ、そんなぁ…。

俺たちのスタートは決して順風満帆じゃなかった…。

俺たちの所属するジョニーズ事務所からは、常にスターを産み続けてきた。

遠藤真彦、原田俊彦、アマがき隊、男闘女組…そしてジョニーズ史上最強のアイドルと言われた蛍GENJIなど…。

そんな王道のレールがすでに敷かれている中でのデビューだった。

ことろが時はアイドル冬の時代…老舗の歌番組が軒並み終わって、俺たちに歌う場所はなかった。

結果としてデビュー曲「Don’t stop!!-LOVING-」は初登場2位に終わった。

CDの売り上げは15万に留まり、デビューシングルとしては、ジョニーズ事務所史上最低の数字を叩き出した。

すぐに俺たちには「ジョニーズの落ちこぼれ」のレッテルを貼られた。

そこで俺たちはバラエティー番組に積極的に出て、それまでアイドルがやらなかった本格的なコントを披露した。

それが逆に功を奏し、俺たちは一気に国民的アイドルへと登りつめた。

だが売れれば売れるほど、俺たちの関係はギクシャクしていった…。

そしてジュニア時代からの盟友だった林且行が、オートレーサーになる夢を叶えるべく、SMACを脱退して、ジョニーズ事務所も退社した。

でもよ、あんたらがバラエティー番組で見せた仲の良さは、とてもテレビの中だけって感じじゃなかったぜ。

いや、俺たちの仲はすでに悪化していた。

現にあのバラエティー番組でも…。

えぇ〜‼️そ、そうなのぉ〜⁉️

TO BE CONTINUED…

次回予告

人気絶頂期すでに関係が悪化してたSMAC…それはあのバラエティー番組でも…!?

次回 まじですまスマ!

ご期待下さい。

-金髪通信

Copyright© 金髪ハイエナのパチンコ・パチスロ日記(仮) , 2019 All Rights Reserved.