金髪通信

ハイエナ頂上決戦!デビュー前の長渕剛がライブで受けた洗礼とは…?

投稿日:

ENA 1182 罵声ブギー

BGM 惰性ブギー

SONG ナイトメア

えぇ〜‼️ライブ中にモノを投げつけられたぁ〜⁉️

あぁ…ビール瓶や灰皿が毎日のように飛び交っていたらしい…。

マジでぇ〜⁉️

あぁ…さらに酔った客や極道から「演歌歌えや〜!」と罵声を浴びせられたり、蹴りを食らったりしてたらしい。

そんなコトまで…。

でもココでの出来事が、のちに悪漢役をやる上で非常に役立った…と、本人は後年語っている。

今の長渕剛からは考えられないな…。

確かにな…。

でも長渕剛って確か、デビュー曲の巡恋歌がいきなりヒットしたんだよな…⁉️

いや、長きに渡って歌っているから、ヒットしたというイメージが強いが、オリコン初登場173位とまったく売れていない。

そ、そうだったの…⁉️

あぁ…もっとも再レコーディングした巡恋歌’92は、オリコン初登場1位を記録したけどな。

しかも巡恋歌は正確にはデビュー曲じゃあない。

え、そうなの…⁉️

実際には再デビュー曲だな。

それってどういう…⁉️

長渕剛は巡恋歌デビューする前年に、長渕剛(ごう)の名前で、雨の嵐山という曲でデビューしているんだ。

ご、ごう…⁉️

あぁ…だがフォークシンガーとは認められず、演歌や歌謡曲の路線で売り出されるコトとなり、アイドルの前座として、デパートの屋上で歌わされたり、レコード店を回る日々に違和感を覚えて、新人としては決して売り上げが悪くはなかったんだが、長渕剛は突然…。

えぇ〜‼️そ、そうなのぉ〜⁉️

TO BE CONTINUED…

次回予告

本人の意に反するデビューを強いられた長渕剛…耐えられなくなった彼はついに…!?

次回 桔梗

ご期待下さい。

-金髪通信

Copyright© 金髪ハイエナのパチンコ・パチスロ日記(仮) , 2020 All Rights Reserved.