金髪通信

ハイエナ頂上決戦!個人事務所を設立した大友康平だがバンド名を…!?

投稿日:

ENA 1187 ひょうしょう

BGM ひょうひょう

SONG 吉澤嘉代子

えぇ〜‼️大友康平がHOUND DOGの名を標章登録したぁ〜⁉️

あぁ…そうだ。

それってつまり…。

そう…他のメンバーはHOUND DOGと名乗るコトは出来ない。

そんな…。

まぁ…これがサザンの桑田佳祐や、ミスチルの桜井和寿みたいに、大友康平がほとんどの楽曲を、一人で製作をしていたんなら話は分かる…。

ところがHOUND DOGの曲は、大半をギターの八島順一と、キーボードの蓑輪単志が作っていたんだ。

つまりメンバーあってのHOUND DOGだった…にも関わらず、大友康平は長年連れ添ったメンバーを切り捨てたんだ。

ひでぇ話じゃねぇのかよ。

本当にその通りだ…特に先の八島順一と蓑輪単志は、東北学院大学時代からのメンバーだからな。

そ、そうなの…⁉️

あぁ…元々東北学院大学軽音楽部のメンバーで結成され、バンド名はエルビス・プレスリーの「HOUND DOG」から付けた。

そして絶対に売れると確信して、シングル「嵐の金曜日」でデビュー。

ところがまったく売れず、ようやく3年後に「浮気な、パレット・キャット」がヒットしたものの、その後もライブの観客動員数は増えていくが、曲はまったく売れない日々が続いた。

「涙のBirthday」なんかは、有線放送でチャートの上位になったものの、シングルの売れ行きは今ひとつ…。

そんな中、大友康平はある苦渋の決断をする…。

苦渋の決断…⁉️

大友康平はメンバーの半分を…。

えぇ〜‼️そ、そうなのぉ〜⁉️

TO BE CONTINUED…

次回予告

ヒット曲が中々出ないHOUND DOG…そんな状況の中、大友康平が下した決断とは…!?

次回 解雇

ご期待下さい。

-金髪通信

Copyright© 金髪ハイエナのパチンコ・パチスロ日記(仮) , 2020 All Rights Reserved.