金髪通信

ハイエナ頂上決戦!有吉弘行が番組の企画で行ったモノとは…!?

投稿日:

ENA 1194 ヒッチハイクボーイ

BGM ヒッチハイクガール

SONG RIP SLYME

えぇ〜‼️有吉弘行はユーラシア大陸をヒッチハイクで横断したぁ〜⁉️

あぁ…そうだ。

そ、ほんなコトを…。

進め!電波少年の企画で猿岩石の2人は、香港からイギリスまで、ヒッチハイクで横断するという企画に挑戦した。

本人たちは「どうせスグにリタイアすればいいや…」ぐらいの気持ちで始めたものの、徐々に人気を博して行き、ゴールした時には2人の知名度は全国区に達していた。

そうなの…⁉️

あぁ…視聴率が停滞していた同番組も、2人のおかげで上昇し、さらに度の様子を書いた「猿岩石日記」は、シリーズ累計で250万部を売り上げた。

そ、そんなに…。

まさに一躍時の人になったんだよ。

帰国後はテレビ各局に引っ張りだこで、ついには秋元康プロデュースの元、藤井フミヤ、尚之兄弟が提供した「白い雲のように」でCDデビューすると、いきなりミリオンセラーを記録した。

歌まで売れたのか…。

その当時の最高月収は、実に2000万円にも上ったという。

に、2000万円〜⁉️

あぁ…貯金額は最高7000万円あったらしい。

す、すげぇ…。

しかしほどなく人気は低迷…テレビで見かける日はほとんどなく、地元広島のローカル番組で、見かける程度となった。

それから再ブレイクするまでに、実に7〜8年の時間を要したが、売れてた時期のギャラを無駄遣いせず貯蓄していたため、この時期を借金するコトなく乗り切っている。

でもなんでそこまで低迷した有吉が、再びブレイクしたんだ…⁉️

それはだな…。

あぁ〜‼️あの一言かぁ〜❗️

TO BE CONTINUED…

次回予告

長らく低迷期を過ごした有吉弘行…彼が再びブレイクしたきっかけは、あの名ゼリフ…!?

次回 糞芸人の歌

ご期待下さい。

-金髪通信

Copyright© 金髪ハイエナのパチンコ・パチスロ日記(仮) , 2020 All Rights Reserved.