金髪のうんちく

奇跡の復活を遂げたTHE YELLOW MONKEYのオススメ曲とバンド名の由来

更新日:

 

THE YELLOW MONKEY

申年の今年、奇跡の復活を遂げたバンドTHE YELLOW MONKEY。

通称イエモン。

彼らの復活を待ち望んでいたのは自分だけじゃないハズ。

今夜 準備 ALRIGHT!

吉井和哉

イエモンのほとんどの楽曲の、作詞・作曲を担当。

去年、タレントの「眞鍋かおり」と結婚した事でも有名だよね。

でも元々は、ヴォーカリストじゃなくてベーシストだったというのは、あまり知られてない事実。

バンド名の由来

バンド名の「イエローモンキー」とは、主に西洋人が東アジア人を蔑称する時に使う言葉である。

吉井和哉が、自身のイニシャル「Y」から始まる言葉を探してる時に偶然見つけ、決めたという。

イギリスの大御所バンド「ローリング・ストーンズ」が、この名前を初めて聞いた時に「スゲぇ名前だな、一生忘れねぇよ!」と言ったのは有名な話。

ブレイクから解散、再結成まで

1992年のデビューから暫くは、セールス的にも恵まれなかったが、1995年リリースの5thアルバム「FOUR SEASONS」でオリコン1位を獲得すると人気を不動のものにし、その後「球根」「BURN」「バラ色の日々」などヒット曲を連発した。

人気絶頂期に突然の解散…

2001年、東京ドーム公演を最後に突然の活動休止を発表し、メンバーはそれぞれソロ活動に入る。

活動再開の声が高まる中、2004年に解散を発表した。

申年の今年、まさかの復活!

申年の今年に突如、再集結と全国ツアーを発表。

スポーツ新聞各紙が号外を配り、「イエモン申年に復活」の文字が紙面を飾った。

オススメBEST5

ここではイエモンの数ある名曲の中から断腸の想いで5曲に絞って勝手にオススメ!

悲しきASIAN BOY

1994年にリリースした、3rdシングル。

ジャケットの吉井和哉の坊主頭が衝撃的!

これはコンセプトアルバム「Jaguar hard pain」の主人公である軍人「ジャガー」になりきる為…って、よく考えたらスゲーな。

熱帯夜

1994年にリリースのした、4thシングル。

この曲の最高位が59位って信じられんね。

まぁー自分も当時はまったく知らなかったけど 笑

イエモンの中で一番好きな曲。

JAM

1996年にリリースした、9thシングル。

もうね、この歌は歌詞の「外国で飛行機が落ちました ニュースキャスターは嬉しそうに
乗客に日本人はいませんでした いませんでした いませんでした」の部分が衝撃的!

一気にイエモンの知名度を上げた名曲。

SPARK

1996年にリリースした、10thシングル。

イントロからノリノリの曲。

サビの「君とスパーク 夜はスネークってなんかヤラシイ」笑

カラオケのマストアイテム。

LOVE LOVE SHOW

1997に年リリースした、13thシングル。

「ねえ 乗りなよ 私はあなたの馬」ってこんな歌詞、吉井和哉にしか書けん!

この曲には英語ヴァージョンもあり、そちらも必聴!

イエモンまとめ

今回は奇跡の復活を遂げたバンド、イエモンについて語ってみた。

他にもまだまだ、名曲は沢山あるから聞いてみて!

新曲「砂の塔」もメチャメチャかっこいいんで要チェック!

それじゃさよならお元気で〜

YES SIR!!

あでゅ。

-金髪のうんちく

Copyright© 金髪ハイエナのパチンコ・パチスロ日記(仮) , 2019 All Rights Reserved.